サッカーの東アジアE―1選手権に出場する男子の北朝鮮代表が7日、日本との初戦(9日)に向けて試合会場となる東京都調布市の味の素スタジアムで公式練習を行い、冒頭以外を非公開として調整した。
 選手らは、リラックスした様子でストレッチやボール回しなどでウオーミングアップした。J2でプレーするDF金聖基選手(町田)、MF李栄直選手(讃岐)、FW安柄俊選手(熊本)も代表に選出されており、チームメートと体を動かした。