【エルサレム共同】イスラエルのネタニヤフ首相の汚職や不正の疑惑を捜査していたイスラエル警察は13日、十分な証拠があるとして同氏を起訴するよう検察当局に勧告した。イスラエルのメディアが一斉に報じた。検察当局は証拠を精査し、最終的に起訴するかどうか判断する。判断には少なくとも数カ月はかかる見通し。
 イスラエルの法律では起訴されても首相職を辞める必要はないが、これまでの慣習から起訴されれば辞任は不可避とされる。今回の警察の動きを受け、計約12年も首相を務めてきたネタニヤフ氏への辞任要求が高まるのは必至だ。