東日本大震災の復興支援に感謝を発信する「ありがとフェス」(実行委員会主催)が12日、仙台市青葉区のクリスロード商店街を主会場に開かれ、阪神大震災と熊本地震の両被災地ゆかりのアーティストらを招いたライブが行われた。
 復興支援を続ける仙台市在住のシンガー・ソングライター伊東洋平さん(元イケメン’ズ)、熊本が拠点の男性ユニット「四季彼方(かなた)」、大阪を中心に活動する3人組「ROYAL comfort」の3組が出演。
 演奏に先立つトークイベントで、伊東さんは「被災地と県外を結ぶ架け橋になれるといいと思いながら活動している」と語った。
 熊本地震の被災地の現状を伝えるパネルが会場に展示されたほか、震災遺構の旧仙台市荒浜小を見学するツアーも実施された。