終戦から、72年がたちます。私は小学生のころ、戦争に関する本を、多く読みました。たった一人の無力な人間は、戦争という大きな枠組みの中で、どうすることもできないのだ、と心底、恐ろしかったのを覚えています。国家という権力に、勝つと教えこまれていた戦争。それでも、何かおかしい、と気づいていた人たちも、多くいたはずです。「さびしげにいふ」が強く響きます。今、おかしい、と声を高く強く上げられる社会なのでしょうか。(駒田晶子)