仙台市長選(23日投開票)は16日、後半戦に入り、最後の日曜日を迎えた。新人4人の各陣営は買い物客らでにぎわう市中心部や市西部の山間地域などに繰り出し、支持の拡大に奔走した。
 市長選には元衆院議員林宙紀氏(39)、元衆院議員郡和子氏(60)、会社社長菅原裕典氏(57)、元衆院議員大久保三代氏(40)がいずれも無所属で立候補している。