バスケットボール男子、B1東地区6位、リーグ全18チーム中16位(下位4チームは残留プレーオフ出場)の仙台は25、26の両日、宇都宮市のブレックスアリーナ宇都宮で、東地区1位の栃木と戦う。24日は仙台市の仙台大明仙バスケ・ラボで約1時間、最終調整した。
 相手に激しく圧力をかける守備の動きを確認した後、実戦練習。マンガーノがドライブから豪快なダンクシュートを決めていた。
 栃木との対戦成績は4戦全敗。4戦の1試合平均得点は58.5、失点は89.3と歯が立たなかった。間橋監督は「思い切って挑戦する。栃木に守備でプレッシャーをかけられたとき、マンガーノにはパス回しの起点になってほしい」と語った。