東地区6位、リーグ17位の仙台は1日、仙台市のカメイアリーナ仙台で北海道に60-70で敗れ2連勝はならなかった。通算成績は13勝36敗。順位は変わらない。地区5位、リーグ15位の秋田は秋田市のCNAアリーナ★あきたで千葉を80-70で下し通算15勝33敗。横浜と勝率で並んだが、直接対戦の結果からリーグ順位を14位に上げ残留プレーオフ圏を脱した。
 中地区の川崎は横浜を下して通算40勝8敗とし地区優勝を決めた。
 仙台の残り試合は6カード11試合。次戦は8、9の両日、東京の代々木第二体育館でA東京と戦う。
 秋田は12試合を残し2日も同じ会場で千葉と対戦する。

◎フリースローに差

北海道(18勝31敗) 70/10-19/60 仙台(13勝36敗)
               21-13
               16-9
               23-19
▽観衆 2044人(カメイ)

 仙台が逆転負け。32-31で迎えた後半の出だしに連続6失点し試合をひっくり返されると、その後は追い付けなかった。両チームともフィールドゴール成功率が30%台半ばと低調だったが、フリースローの得点では仙台が8、北海道は24と大差をつけられた。