バスケットボール男子、B1仙台(東地区6位、リーグ18位)は13、14の両日、富山市総合体育館で富山(中地区5位、リーグ15位)との残留プレーオフ1回戦を戦う。12日は仙台市の仙台大明仙バスケ・ラボで約1時間、調整した。
 守備はマンツーマンとゾーンの両方の動きを確かめた。軽めのシューティングやフリースローで汗を流して集中力を高めていた。富山とのマッチアップを想定した実戦練習で、片岡がシューターにぴったり張り付き、得点を許さなかった。
 1回戦は2戦先勝。1勝1敗となった場合は引き続き前後半各5分の3試合目を実施する。仙台は2勝すれば19日に東京・代々木第二体育館である2回戦に進出。2敗すれば2部に降格する。