バスケットボール男子、Bリーグ開幕前の公式大会、東北アーリーカップ(9月8~10日、山形市総合スポーツセンター)に向け、東北6チームの監督が18日、同市のホテルで会見して意気込みを語った。
 いずれもB2の青森、岩手、仙台、秋田、山形、福島の6チームがトーナメントで競う。仙台の後藤敏博監督は「緊張はしているが、楽しみでもある。今ある力を発揮し、熱い大会にしたい」と語った。
 アーリーカップは東北、関東、東海・北陸、関西の4地区で開催。東北アーリーカップは、bjリーグ時代に始まった前身の東北カップから数えると今回が6回目になる。これまで秋田が3度、岩手、福島がそれぞれ1度優勝している。