バスケットボール男子、B2仙台と今季(2017~18年シーズン)の契約を交わしたオルー・アシャオル(29)とクレイグ・ウィリアムス・ジュニア(27)が22日、チームに合流し、仙台市の仙台大明仙バスケ・ラボで練習した。
 2人は仲間の選手らと約2時間半、攻守のフォーメーションなどを確認。ともに身長2メートル台のした。
 昨季B1三遠でプレーしたアシャオルは「良いシューターがそろっている印象がある。みんなを引っ張り、来季はB1に上がりたい」と意欲満々。昨季B2愛媛のウィリアムスは「B1に戻る力があるチーム。シュートを確実に決めて勝ち続ける」と自信たっぷりに話した。
 新戦力が加わっての練習に参加した後藤敏博ヘッドコーチは「開幕に向けてベストなチームをつくり上げていく」と抱負を語った。