バスケットボール男子、B2仙台は27日、盛岡市の盛岡タカヤアリーナで、B2岩手と戦い、68-85で完敗した。仙台のプレシーズンマッチは今季初めて。
 仙台は57-56で迎えた第4クオーター、ビューキャナンに連続8得点を許して逆転されると、その後も引き離された。日本国籍取得選手の坂本を体調不良で欠き、合流間もない外国人、アシャオルとウィリアムスのプレー時間を制限する中、日本人が存在感を発揮できなかった。
 試合を通して守備の連係がかみ合わなかった。リバウンド獲得数は39。これに対して岩手は52と圧倒された。後藤監督は「(相手とゴールの間に体を入れる)ボックスアウトを徹底できていない。悪い点ばかりが出た」と語った。
 仙台は9月3日、宮城県南三陸町総合体育館で、再び岩手とのプレシーズンマッチに臨む。

岩手 85 19-19 68 仙台
      22-20
      15-18
      29-11
▽観衆 1213人