バスケットボール男子、B2仙台の中村彰久球団代表らは29日、シーズン開幕を前に仙台市役所に郡和子市長を訪ね、B1復帰への意気込みを述べた。
 仙台はB1だった昨季、リーグ最下位(18位)に終わり、残留プレーオフでも敗退してB2へ降格した。中村球団代表は「なんとしても優勝して、1年でB1に昇格したい」と決意を述べた。
 今季は、B2東地区で青森、岩手、秋田、山形、福島の東北5チームとB1復帰を懸けて戦う。郡市長は「スポーツ都市、仙台のファンの前でいい試合を見せ、ぜひB1に上がってほしい」と期待した。