公式戦初出場となったチョルが14得点、7リバウンドと躍動した。チーム最多得点にもかかわらず納得がいかない様子で、「簡単なミスショットがあった。次は確実に決めなければいけない」と気持ちを引き締めていた。
 ゴール下で強さを見せ付けた。パスを受けると素早くレイアップシュートを決めるなど、第2クオーターでは8得点。チームにも勢いを与え、27-29の2点差まで迫る起爆剤となった。
 活躍もむなしく、チームは20点以上の差をつけられて大敗。「個人の成績にこだわらず、勝利のためにチームプレーを徹底していく」とほろ苦いデビュー戦を振り返った。