仙台の溝口が17得点と、シューターとしての存在感を示した。勝利の立役者は「チームメートがつくってくれた好機で決め切れてよかった」と笑顔を見せた。
 第1クオーターは4本放った3点シュートを全て沈め、「体の軸を安定させて打つことができたことで成功率を上げられた」と振り返る。第2クオーター以降はマークが厳しくなり成功率は下がったが、試合を通して10本の3点シュートを放つ積極性も見せた。
 チームの連敗脱出に貢献し、「勝つためにシュートを打ち続けていく」と力を込めた。