仙台の執念が実った。第4クオーター残り約1分、溝口が放った3点シュートはリングの中に。点差は5点に広がった。最終盤まで互角の勝負を繰り広げていた試合に終止符を打つゴールだった。
 速い展開で得点を重ねるのが仙台が目指す攻撃の型。第2クオーターからその片りんが見えてきた。相手からボールを奪った石川が、ドリブルでゴール下までボールを運び、そのままレイアップシュートを決める。石川からパスを受けた柳川がきっちりと決め、連続して速攻から得点した。
 第3クオーターもこの勢いは止まらなかった。「(今のチームは)考え過ぎずに常に走って攻めることが重要」と石川。だからこそ、第1クオーターの動き出しが鈍かったことが反省材料だ。後藤監督も「全員が走り切れていない時間がある」と表情は渋い。
 少しずつチームの攻撃が形になってきた仙台。これまで課題だったインサイドは、ウォーボの加入により攻守で強さが増した。今季初の貯金まであと一歩。石川は「B1に復帰するにはもう負けてはいられない。勝って(東地区2位の)福島戦に臨みたい」と意気込んだ。(伊藤卓哉)