仙台はチョルが20得点と孤軍奮闘した。フィールドゴールの成功率は64.3%と安定した動きを見せていた。
 チーム練習の前と後、後藤監督による1対1のシュート指導が日課となっている。熱心な指導で粗削りだった動きがだいぶ改善されてきた。チョル自身も「シュートの感覚をコントロールできるようになってきた」と自信を深めている。
 後藤監督は「真面目な性格。練習熱心で日に日にうまくなっている」と評価する。低迷が続くチームの中で、チョルの成長は数少ない光明だ。