バスケットボール男子、B2仙台は12日、20日に始まるシーズン後半戦を前に、選手たちが仙台市内の飲食店などでポスターを配ってさらなる応援を呼び掛けた。
 球団職員やチアリーダーを含む約30人が参加。青葉区中心部のアーケード街や太白区のカメイアリーナ近くの商店街でポスター約500枚を配布し、「会場での応援もお願いします」とPRした。
 飲食店が連なる「文化横丁」などがあるサンモール一番町商店街を訪れた柳川龍之介主将は「ポスターを見て、一人でも多く試合に足を運んでくれればうれしい」と話した。一番町にある不動産会社の店長、小野寺光希さん(38)は「B1復帰に向けての巻き返しを期待し、応援していく」とエールを送った。