17日、仙台市のカメイアリーナ仙台などで行われ、東地区4位の仙台は3位山形に62-63で惜敗した。通算成績は17勝26敗。順位は変わらない。
 首位秋田は中地区のFE名古屋を108-92で破った。2位福島は6位岩手に92-61で勝った。5位青森は中地区の茨城に73-88で敗れた。
 18日は、17日と同一会場で同一カードがある。

◎終盤の反撃及ばず

山形(18勝25敗)63 17-11 62 仙台(17勝26敗)
             12-16
             14-14
             20-21
▽観衆 2,150人(カメイ)

 仙台が接戦を落とした。前半、山形のマクシェパード、クリークモアにインサイドを攻められ、リードを奪われた。第4クオーター終盤に仙台のウィリアムスが3点シュートを決めて1点差としたが、及ばなかった。

<守備の出来 合格点/仙台・高岡大輔監督の話>
 確実に点を取れるレイアップシュートを決められなかったのが大きい。守備は合格点を与えられる出来だったと思う。自分たちの試合運びができていただけに悔しい。

<チーム守備できた/山形・ジョセフ・クック監督の話>
 3点シュートを打ち過ぎず、2点シュートを確実に決めにいけたことが良かった。しっかりチーム守備ができたのも一つの勝因。選手は最後までベストを尽くしてくれた。