バスケットボール男子、Bリーグ2部(B2)仙台の経営権を、「HALEO」ブランドでサプリメントを製造販売するボディプラスインターナショナル(仙台市)が取得することが4日、分かった。
 経営権の移譲は4日のBリーグ理事会で承認された。5月までの今季は現体制で運営し、その後、新体制へ移行する見通し。本拠地やチーム名は変わらない。
 チーム創業者で球団代表の中村彰久氏(47)は退任する。発行済み株式のうち、中村氏と親族らの持ち分(全株式の約3割)をボディ社の最高経営責任者(CEO)デービッド・ホルトン氏(42)が取得し、筆頭株主となる。
 ホルトン氏はチーム運営会社の会長に就任。プロ野球東北楽天を運営する楽天野球団(仙台市)社員の渡辺太郎氏(38)が社長に就く見込み。渡辺氏は6月末に楽天野球団を退職する。両氏が代表権を持つとみられる。
 ボディ社は2009~17年、仙台のトップスポンサーを務め、ユニホームの胸部分に広告を出していた。今季はユニホームスポンサーに次ぐプラチナスポンサー。練習場の命名権(ネーミングライツ)も取得している。
 チームは05年創立。Bリーグの前身、bjリーグには初年度の05~06年シーズンに参入した。東日本大震災で活動を一時休止。11~12年から再び参戦している。
 16年発足のBリーグ初年度は1部で戦い、東地区最下位に終わって2部に降格した。今季は18勝31敗と成績が振るわず、1部復帰の可能性が消滅している。