仙台は終盤、目指す守備が実践できた。ディフェンスリバウンドで岩手を圧倒。セカンドチャンスを与えず、後半は3点シュートを許さなかった。
 それでも高岡監督は「第3クオーターまで駄目だった。しっかり修正しないといけない」と手厳しい。質の悪いミスからの失点などを課題に挙げ、選手のさらなる奮起を求めた。一方で久々の勝利を喜び「選手たちは自信を失っていた。精神面での強さを取り戻す大きいきっかけになる」とほっとした表情で語った。