石川が2戦続けて21得点を挙げ、攻撃面でチームをけん引した。19点差をつけられて迎えた第3クオーター、3点シュートを4本決めて14得点。「決め切れたのが大きい」。終了間際にも積極的なドライブで相手のファウルを誘い、志村の逆転シュートを引き出した。
 それでも試合後は笑みがなかった。「チームとしてファウルをもらえていないなど、やるべきことができていない」と、反省の言葉を述べた。