仙台は前半こそゲームプラン通りに戦えたが、後半の入りで崩れる悪い癖が出た。今季を象徴するような敗北に高岡監督は「攻撃も守備もばらばらだった」と顔をしかめた。
 同点で迎えた第3クオーター。マークの受け渡しが徹底できず、福島の菅野に外から何度も得点された。外を警戒すればゴール下に走り込まれてさらに失点。選手を交代して流れを取り戻そうとしたが、思い切りの良いプレーは影を潜め、「出てもその場をこなしているだけ」と高岡監督は嘆いた。
 開いた点差を縮めようと攻め急いだ結果、リバウンドからの相手が得意とする速攻を食らい一気に流れをもっていかれた。柳川は「急いで外からシュートを打って外す悪循環だった」と振り返る。
 前半はゴール下で優位に立ち、速攻を許さなかった。ターンオーバーも少なくインサイドから得点を重ねた。「走られていない。悪くなかった」(高岡監督)という及第点の試合運びを最後まで続けられるか。指揮官は「高いモチベーションを持って挑んでくれれば勝てる」と次戦を見据えた。
(射浜大輔)