バスケットボール男子、B2仙台(東地区4位)は4、5の両日、松山市の市総合コミュニティセンターで愛媛(西地区4位)との今季最終戦に臨む。移動日の3日は、仙台市太白区のHALEOドームで約1時間にわたるミーティングを開き、相手の戦術を分析した。
 愛媛はB2トップの1試合平均83.6得点を誇る攻撃型のチーム。特にB2得点ランキング1位、フォワードのタプスコットは、4月20日の青森戦でBリーグ1試合最多得点記録の50点をマークするなど、得点能力が高い。タプスコットのドライブを警戒した上で、積極的にゴールを狙ってくるガードの俊野達にも注意が必要だ。高岡監督は「最後の2試合はチームの成長を証明するために勝利したい」と話した。