第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は14日、東京ドームでE組の1試合が行われ、日本がキューバに8-5で競り勝って2連勝を飾り、4大会連続の準決勝進出へ前進した。
 日本は5-5の八回、松田(ソフトバンク)が失策で塁に出たのを起点に1死一、三塁の好機をつくり、代打内川(ソフトバンク)の右邪犠飛で1点を勝ち越すと山田(ヤクルト)の2ランで突き放した。
 5-5に追い付いた後の七回、4番手で登板した松井裕(東北楽天)が三者凡退に抑えた。両チームが譲らず迎えた終盤で仕事をきっちり果たし、「抜け球が多かったけど、結果が大事。ゼロに抑えられて良かった」と振り返った。
 力みから高めに抜けるなど制球がばらついたが、勢いで押し切った。先頭メサを中飛に打ち取ると、俊足のサントスは坂本勇(巨人、青森・光星学院高出)の好守にも助けられ遊ゴロに。最後はアヤラを真ん中低めに沈むチェンジアップで空振り三振に仕留め、持ち味を発揮した。
 3試合連続無失点と好投が続いている。球場は国際大会のため独特の雰囲気が漂う。「試合の中で調子を上げていくタイプ。ここまで来たら(WBCで使う)球が滑るとか言っていられない」と頼もしい。
 2次リーグ最後のイスラエル戦に向け「一つでも多くのアウトを取って勝利に貢献したい」。チーム最年少21歳の左腕が日増しに存在感を高めている。(佐々木智也)