立大の先輩、後輩で、共に前日に1軍合流した戸村健次と田中和基がそろって好結果を残した。戸村が2番手で2回無失点と好投すれば、9番右翼で先発した新人の田中はオープン戦初安打で存在をアピールした。
 戸村は六回を三者凡退、安打と四球で1死一、二塁に陥った七回も後続を断った。昨夏に右肘手術を受けた後の1軍初登板を終え、「七回はちょっと不安定だったが、この時期に1軍で投げられたのが良かった」と安心した表情を見せた。
 田中は三回に先発野村から中前打。「戸村さんは日頃から全力で野球に打ち込んでいる。自分も頑張ろうと思って結果を出せた」と1軍初共演を喜んだ。