中川大志が持ち前の長打力で逆転勝利の立役者になった。1-1の八回2死満塁、3点を勝ち越す左越え二塁打を放った。1軍再合流初戦の前日は本塁打を打ったのに、直後の守備で失点につながる痛恨のトンネル。「申し訳なかった」と落ち込んでいたが、一夜明けて見事に汚名返上した。
 梨田昌孝監督は殊勲打を「配球を読んで打ち、結果を出した」と評した。精神面の成長もうかがえた。初球、「ストライクなら強振しよう」と打ち気満々で、低めのボールを空振りした。いつもならずるずると気落ちするところを、すぐに「甘い球なら振ろう」と気を取り直した。2球目、真ん中に甘く来た変化球を振り抜き、左翼フェンス際まで運んだ。「意識の切り替えがうまくいった」。納得の一打になった。
 高卒9季目の26歳。定位置を狙う一、三塁は銀次、アマダー、今江、ウィーラーと主力打者がひしめく激戦区。2軍で過ごした期間は打ち込みを重ね、「今は直球待ちでも変化球に間合いが合い、自分のスイングができる」と自信を込める。「チャンスに結果を残し続ける」と、今季こそ1軍定着を果たす決意でいる。(金野正之)