右ふくらはぎ痛でWBC日本代表から離脱した東北楽天の嶋基宏が今季のオープン戦に初出場。三回までプレーし、攻守に元気な姿を見せた。
 守っては岸と実戦初バッテリーを組み、緩急を引き出す好リードで立ち上がりを支えた。打っては三回に初打席に入ったが、3球三振に倒れた。患部に影響するプレーもなく、「もう大丈夫」と一安心した様子だった。