東北楽天が投手戦を制した。先発岸が7回4安打無失点と好投し、菅原秀、ハーマンがリードを守った。打線は三回2死二塁から銀次の右前打で先制。七回には足立祐一のスクイズで加点した。広島は東北楽天より多い7安打を放ったが、七、八回の好機を生かせなかった。

 東北楽天-広島(13時、静岡、5,347人)
広  島000000000=0
東北楽天00100010×=2
(勝)岸2試合1勝1敗
(S)ハーマン3試合2S
(敗)床田2試合1敗

☆梨田の話ダ
<素晴らしい投球>
 「素晴らしい投球だった。捕手としては受けていて楽しいだろうな。左右の幅、高低、前後と(立体的に)ストライクゾーンを使える。足立は内角をうまく使っていたしね」(岸の好投を捕手として評して)