東北楽天の釜田が今季初勝利を挙げた。毎回走者を許し、4四死球と制球に苦しみながらも5回2失点にまとめた。「最低限の仕事ができた。悪いなりに粘れた」とほっとした表情を見せた。
 踏ん張りどころは0-1の三回だった。2死二塁から近藤、レアードに連続四球と制球を乱し、満塁のピンチを背負った。「力任せの投げ方になり、手元の感覚が狂った」。続く田中賢にフルカウントまで粘られたが、「ファウルが何球かあり、少し冷静になれた」と変化球で二ゴロに打ち取った。
 勝ち星が付いたとはいえ、「内容には納得していない」と釜田。梨田監督も「球が高いのは修正しないといけない。次は期待している」と奮起を促した。