プロ野球東北楽天は14日、松井裕樹投手(21)が仙台市内で乗用車を運転中、信号待ちで停車中の軽乗用車に追突し、男性にむち打ちなどのけがをさせたと発表した。
 球団によると、14日正午ごろ、泉区大沢1丁目で事故を起こした。男性は市内の病院で診察を受けた結果、軽度のむち打ち損傷と診断された。
 松井選手は泉区の選手寮から宮城野区のKoboパーク宮城に向かう途中で、けがはなかった。事故後は球団と警察に連絡した。
 松井選手は「車をぶつけてしまった相手の方、関係者や球団に迷惑を掛けたので申し訳なく思っている。今後は野球だけでなく私生活も見られていることを意識し、気を引き締めたい」と取材に答えた。
 球団は松井選手を厳重注意とし、当面の運転自粛を決めた。安部井寛チーム統括本部長は「相手の方には誠意をもって本人が対応する。チーム全体に改めて注意喚起したい」と話した。