1点差に詰め寄られる嫌な流れの八回、島内が1号ソロで2点差に広げた。
 外角高めに来た3球目、ボール気味の直球を強振すると、打球は左翼席に達した。4連打で押せ押せだった六回無死二、三塁で凡退していただけに、「前打席を反省して、何とか出塁しようとした結果が本塁打になった」と振り返った。
 左翼への追い風が吹いていたため、島内は「風のおかげ」と謙そん。「高めには手を出さないように指示されていたのに、大好きなので振ってしまった」と苦笑いした。