東北楽天の美馬が七回途中1失点と好投、日本ハム有原との開幕投手同士の投げ合いを制した。変化球で自在に打ち取る技巧派の投球内容だった。一~四回は無安打と安定感のある滑り出し。さらに見事だったのは走者を背負った五、六回の投球だった。
 五回1死一塁、岡を外角低めのカーブで誘い、遊ゴロ併殺で切り抜けた。六回も1死一塁、西川を追い込んでからの決め球は投球間隔を短くし、うまく相手のタイミングを狂わせて空振り三振に。続く中島も外角のボールゾーンから入ってくるようなスライダーで空振り三振に仕留めた。「直球が良くなかった分、変化球でしのげた」。実は苦心の結果だったという。
 七回、先頭の近藤にソロを浴びて降板したのは後味が悪かった。美馬は「交代は被弾後に大量失点することがあるからだと思う。信頼を勝ち取らないと」と反省した。それでも開幕戦以降、3戦連続で先発の役割を果たして2勝目。「本当に頼りになる」と与田投手コーチは評価した。(金野正之)