東北楽天が誇る強打の外国人トリオ、2番ペゲーロ、3番ウィーラー、4番アマダーが開幕から初めて3連打でつながり、今季最多の貯金7をもたらした。池山チーフコーチは「ようやくだね。まだ安心はできないけど、どんどん前に進んでいる」と本領発揮の気配に期待した。
 1-0の六回、先頭のペゲーロが口火を切った。チームが打ちあぐねていた有原の変化球を完璧に捉え、右翼席中段まで運ぶ5号ソロ。「あれで相手がガクッときた」(梨田監督)。触発されたウィーラー、アマダーも単打で無死一、二塁の好機を築く。続く銀次の右中間二塁打で決勝点となる3点目をもぎ取った。
 開幕から不動の1~5番にあって、絶好調のペゲーロに対し、続く2人は打率1割台と低迷する。特に深刻なウィーラーは前日の試合後に梨田監督から打順変更を提案されたほど。「勝っているし、そのままで」と答えたという来日3年目の助っ人は「スタートは悪かったが、個人的には状態がいい」と、この日の一打に気持ちを強くする。
 課題の3、4番がつながれば、好調な下位まで破壊力十分の打線が完成する。ペゲーロも「1、2人が打つより全員が打った方が勝つ可能性は上がる。今日みたいな結果はうれしいね」と喜んだ。(浦響子)