東北楽天の藤田が1-3の六回に好守備で岸のピンチを救い、その後のチームの反撃を呼び込んだ。
 2死一、三塁。追加点を許せば試合の大勢が決しかねない場面で、岡の放った一、二塁間へのライナーをダイビングキャッチした。一走が走ったため二塁方向に動いて一瞬、逆を突かれたが、打球に鋭く反応。名手は「あそこで1点が入るか入らないかの差は大きい。流れを持って来られて良かった」と振り返った。
 1点を追う九回は左前打で出塁し、ウィーラーの同点打につなげた。一丸で勝ち取った3連勝に「チームもファンも盛り上がる勝利。これからビジターが続くが、しっかりこの流れでホームに戻ってこられるよう頑張りたい」と話した。