二回無死一、二塁、東北楽天の岡島が高橋光のカーブを中前に運ぶ先制打を放った。銀次、島内の連打に続き「流れに乗っていこうと思った。球種を絞らず、何も考えずに打席に立った」と振り返った。
 守備固めで出場したのを除き、打席に立った全10試合で安打を記録。好調の要因に「たまたま。自分でも分からないが、バットが振れているのかな」とおどけた。
 昨季は6月まで打率3割をキープしたが、最後は2割5分2厘まで落ち込んだ。年間を通して調子を維持する難しさを知っているだけに「これから苦しくなる時もある」と表情を引き締めた。