先頭打者本塁打を含む今季2度目の猛打賞を記録した東北楽天の茂木は「打つより、守れる人が試合に出られると思う」と、遊撃手として八回の守備を悔やんだ。
 中堅への浅村の飛球に追い付いたが「追い過ぎてしまった。半信半疑だった」。捕球できるかどうか、自信を持てないままプレーして取り損ね(記録は安打)、西武を勢いづかせた。
 打球と正対する中堅手の島内に任せる選択肢もあったが「声の連係ができていなかった」と記録に残らないミスを反省した。延長で唯一、得点圏に走者を置いた十一回の勝ち越し機には三振に倒れ「甘い球を仕留められなかった」と肩を落とした。