日本野球機構(NPB)は11日、オールスター戦に選出されていた東北楽天の茂木栄五郎内野手が右肘のけがのため出場辞退し、補充選手として西武の新人、源田壮亮内野手が選ばれたと発表した。規定により、茂木は後半戦開始から10試合は出場できない。
 2年目の茂木は選手間投票で初選出された。「選手の皆さんに選んでいただいたのに、出場できず残念な気持ち。早く万全の状態で復帰できるよう、しっかりとけがを治したい」と球団を通じてコメントした。梨田監督は「最後まで出場を検討したが、回復具合が思わしくなかった。現時点で復帰のめどは立っていない」と説明した。
 若手選手によるフレッシュオールスターゲームの出場選手も一部変更された。オールスター戦に選ばれた源田に代わって山田遥楓(はるか)内野手(西武)、頭部打撲で出場辞退した石垣雅海内野手(中日、山形・酒田南高出)の代替選手で近藤弘基外野手(中日)が出場する。