東北楽天は八回に失った4点目が重かった。2死一塁から伊藤が放った右翼線への飛球にオコエが飛び付いたが捕球できず、痛恨の適時三塁打を許した。積極性が裏目に出た形で、オコエは「捕れると思った。でも結果的に考えれば、勝負して飛び付かない方がよかった」と反省した。
 いちかばちかで好捕を狙わず、バウンド後の確実な捕球を意識すれば三塁打は避けられた場面。池山チーフコーチは「経験を積んでほしい」と失敗を糧にするように求めた。