東北楽天はなぜか岸の登板日、打線が湿る。1日のソフトバンク戦の無得点に続き、今回は2得点がやっと。またも勝ち越し点をプレゼントできなかった。最も悔やまれるのは、岸が1-3と勝ち越された直後の七回。相手にもらった絶好機はちぐはぐな攻撃に終始した。
 まず無死から遊撃安達の後逸で出塁したアマダーが、続く嶋への2球目が捕手の後ろへそれたにもかかわらず、二塁進塁できなかった。嶋が四球を選んで無死一、二塁としたが、今度はオコエが送りバント失敗した末に空振り三振。島内の四球で1死満塁にしても、藤田が二ゴロで1点を挙げただけ。2死二、三塁では岡島が三振に倒れた。
 2-4の九回にも1死一、二塁に持ち込んだが、藤田が二塁併殺に。2度の好機で適時打なしに終わった藤田は「一本出ればまた展開が違ったが…」と申し訳なさそうだった。