東北楽天の藤田が攻守で存在感を示した。3点を追う七回に右翼席へ2号ソロを放ち、「内角の球にうまく反応できた。(打席での)タイミングの取り方は悪くない」と状態の良さをアピールした。
 右肘に違和感を抱えている茂木に代わり、9月に入ってからは遊撃で全試合に先発出場。本来は二塁が本職の名手だが、四回には三遊間のゴロをバックハンドで捕球後、流れるように一塁へ送球した。
 本拠地に戻ってからの2連敗に「勝ちたかった。チャンスでアピールし、どんな形でも試合に出たい」とさらなる奮闘を誓った。