東北楽天の足立が六回に右中間へ先制の2点三塁打を放ち、先発藤平を援護した。「藤平がいい投球をしていた。何とか先制したいところで打てて良かった」と笑顔を見せた。
 1死二、三塁の好機で2番手岸田の外角チェンジアップを強振すると、打球は前進守備の中堅手と右翼手の間を破った。九回にもチームに7点目をもたらす適時打を放ち、今季初の3打点と活躍した。
 プロ2年目で正捕手の嶋に次ぐ存在。「CSで出番が来たときに、いいプレーができるよう準備をしたい」と意気込んだ。