東北楽天は九回に相手のまずい守備に助けられたとはいえ、打者一巡の7安打5得点の猛攻で敵地最終戦を締めくくった。「選手たちにアグレッシブな気持ちが出ていたのは良かった。これを継続しないといけない」と梨田監督。CSに向け、打線のつながりが徐々に戻ってきた様子だ。
 九回は1死から連打で築いた一、二塁の好機で銀次が中堅手の頭上を抜く2点二塁打。続く阿部が右前にゴロで運び、打球を吉田雄が後逸する間に銀次と阿部が生還。2死後には聖沢らの3連打で1点を加えた。
 アマダー、ペゲーロの両助っ人はチームに帯同せずに調整中で、本来の打線の形ではないが、短期決戦のCSを見据えて走塁面など作戦の確認にも余念がない。池山チーフコーチは「今年は『次の塁を狙う』をテーマにやってきた。春先はうまくできていたので、それを選手たちに思い出してもらいたい」と話す。
 レギュラーシーズンは残り3試合。池山コーチは「起用する選手や打順を見極めていく」と語った。(佐々木智也)