梨田監督は倉敷キャンプ合流初日に際し、「一つでも二つでもいいものを見つけて、実りあるキャンプにしたい」と来季に向けた確かな成果を願った。
 チームが課題としている機動力を最大の強化ポイントに掲げた。「まずは走塁。リードの取り方や三塁ベースの回り方など(細かい技術)を含め、1、2軍の共通課題とする」と位置付けた。
 期待の選手としては今季、代走や外野守備で活躍した1年目の田中を挙げた。「確実性を上げる打撃の形を見つけてほしい」と要望した。