パ・リーグは8日、2018年シーズンの公式戦日程を発表した。3月30日にセ・リーグと同時に開幕し、各チーム143試合を戦う。開幕戦では東北楽天がZOZOマリンスタジアムでロッテと対戦する。2年ぶりに日本一となったソフトバンクはヤフオクドームにオリックスを迎え、日本ハムは札幌ドームで西武と顔を合わせる。
 リーグ内の対戦は1カード25試合で各チーム125試合。今季のホームゲームが1試合少なかった東北楽天、ロッテ、オリックスが、来季は1試合多い63試合を主催する。
 コボパ宮城以外の東北楽天の主催試合は、弘前、山形、郡山と東京の4試合。7月10日のオリックス戦は今年9月にオープンしたきらやかスタジアム(山形市総合スポーツセンター野球場)で組まれており、同球場初のプロ野球公式戦となる。弘前は2年連続の開催。16年に公式戦開催した秋田市のこまちスタジアム、盛岡市の岩手県営野球場では球場改修工事の関係で来季は開催しない。試合開始時間入りの詳細日程は来年1月に発表される。