東北楽天の星野仙一元監督(球団副会長)が死去し、悲しみに包まれる中、本拠地の楽天生命パーク宮城(仙台市)で7日、選手が練習に取り組んだ。室内練習場には星野氏に育てられた塩見貴洋、浜矢広大両投手が訪れ、ランニングやキャッチボールなどで調整し、2月の春季キャンプに備えた。
 球場正面には同日午後、星野氏への献花台が設けられ、集まったファンが別れを惜しんだ。