東北楽天に今年も期待の新人が加わった。育成を含めて投手4人、野手6人の計10選手。剛球右腕のドラフト1位近藤弘樹(岡山商大)や大砲候補と注目される2位岩見雅紀(慶大)ら楽しみな存在ばかり。戌(いぬ)年入団の若きイヌワシたちを紹介する。

◎楽天新人紹介 山崎剛内野手(22)

 東都大学リーグで、2年春から5季連続で打率3割以上をマークした。リーグ史上24人目の100安打も達成し、即戦力内野手の呼び声が高い。「しっかり結果を出し、ずっと1軍でやっていける選手になりたい」と鼻っ柱の強そうな表情を見せる。
 福岡市で過ごした中学時代までは主に右打ち。進学した宮崎・日章学園高の畑尾大輔監督に「左の方が振り方がいい。足も使える」と言われ、左打ちに特化したことが人生を変えた。
 人一倍の負けず嫌い。1年夏から同級生が試合に出ていたことが悔しく、「どうすれば打てるか考えるようになった。あそこが自分の野球の原点」と猛練習。宮崎出身の大リーガー、青木宣親外野手の動画から水平スイングを学ぶなど、高いミート力を身に付け、1年秋から正選手となった。
 国学院大でも2年から活躍。相手投手に研究され、学年が上がるごとに成績を落とす打者がいる中、「今と一緒じゃ駄目」と進化を続け、高打率を維持した。
 3年時に日米大学野球の日本代表に選ばれたことも刺激になった。周囲は京田(中日、青森山田高出)ら実力者ぞろい。「レフト前に落とす“へなちょこ打球”を打っているのは自分だけ。しっかり振って引っ張らないと上では通用しない」と強いスイングを意識し、プロへの道を切り開いた。
 嶋らを輩出した国学院大で、二塁の守備も鍛え上げた。梨田監督は「(負傷明けの茂木のバックアップが必要なので)遊撃手としても準備してほしい」と期待する。「プロの世界を体で感じながら、常に上を目指したい」と意気込みを語る。(野仲敏勝)

山崎剛(やまさき・つよし)ドラフト3位。95年12月29日生まれ。福岡県出身。173センチ、74キロ。右投げ左打ち。宮崎・日章学園高-国学院大。背番号34。