俊足と堅守を誇る2年目の田中と3年目のオコエが紅白戦で活躍した。島内、ペゲーロ、岡島ら実力者がひしめく外野手争いに割って入ろうと、若手2人が激しく火花を散らしている。
 田中は白組の「7番・中堅」で出場し、4打数2安打(1本塁打)1打点。五回に藤平の甘いスライダーを捉え特大の右越えソロを放った。「(自主トレーニングで)バットを寝かせてタイミングの取り方が変わった。僕の場合はタイミングが一番大事」と上々の手応えを得た様子だった。
 守備の評価は高いが、打撃では安定感を欠き昨季の先発出場は12試合にとどまった。「今年は波を無くしたい。オコエに勝とうと思ったら、確実性を上げないといけない」と話す。
 オコエも同じ白組の「1番・右翼」で出場し4打数3安打と気を吐いた。「外野手全員がライバル。結果はもちろん、内容にもこだわらないとレギュラーは取れない」と慢心はない。
 梨田監督は「オコエと田中はすごいライバル関係にある。その中で2人とも打ってくれた」と相乗効果に目を細めた。(浦響子)