オコエが中堅の守備でみせた。1点リードの七回2死二塁、右中間の手前にぽとりと落ちそうな代打中島の当たりをスライディングして好捕した。
 前日の試合で同じような当たりが安打となり、右翼のペゲーロと対策を話し合っていたという。「後ろをペゲーロがカバーしてくれることになったので、思い切ってチャレンジできた」と振り返った。
 ただ打撃は、好機で打てずに2打数無安打。二回は先制してなお2死二、三塁の場面で、初球の真ん中の変化球を打ったが遊ゴロに。「甘いカーブだった。完全に僕のミスショット」と悔しそうだった。