東北楽天の先発美馬が序盤の投球に課題を残した。一回、西武の先頭秋山(八戸大出)に高めのスライダーを左翼席へたたき込まれた。「苦しいチーム状況で先制点を取られたのは大きかった」と悔やんだ。
 三回は制球が乱れた。1死から源田に死球、浅村、山川(富士大出)には連続四球を与えて満塁となり、森の右前打で2点を失った。四球はともに2ボールとカウントを不利にした状況からで「次に投げる球がなくなってしまった」と反省する。佐藤投手コーチは「点の取られ方が良くない」と指摘した。
 美馬は7日のソフトバンク戦でも二回までに3失点している。「次の試合こそは、しっかり入りたい」と、不安定な立ち上がりの修正を誓った。