東北楽天は救援陣の登板順を組み替え、八回に松井、九回の抑えにハーマンを据える新たな「勝利の方程式」で逃げ切った。
 役割の変更は試合前に両投手に告げられたという。5-2の八回に4番手で登板した松井は1四球を与えたものの、1回2奪三振無失点。九回はハーマンが三者凡退で締めて今季初セーブを挙げた。
 松井は「最低限の仕事はできた。この経験をプラスにしていけるようにしたい」と淡々と振り返った。ハーマンは「八回だろうが九回だろうが、チームの勝利に貢献することに変わりない」と強調した上で「松井は日本を代表するクローザー。調子が戻ってきたら喜んで譲りたい」と語った。